思い立ったら即行動!人生初「路上パフォーマンス」セブ島でやってみた!

スポンサードリンク

「ふらっと旅をしよう」

訪れる国々の絶景を見に行ったり、観光地を巡ったり。
現地の文化に触れるのは、日本との違いがあればあるほどワクワクする。

でもただ旅するだけではどこか物足りない。
せっかくなら旅する先々で「何か爪痕を残したい!」

そう思って考えた結果、
現在滞在しているフィリピンのセブ島では、
人生初の「路上パフォーマンス」に挑戦してみることに!

でもパフォーマンスできるような技を何も持っていない私…。
しかもここは海外。当たり前だけど日本語はもちろん通じない英語圏。

そんな中、
どうやってパフォーマンスしたか?結果はどうだったのか?
思い立ってから私がとった行動とパフォーマンス結果をすべて紹介していきます!

そもそもなんでフィリピンのセブ島にいるの?

現在私は、セブ島でIT留学をしています。
「ふらっと旅するように生きる」ことが私の夢。

その夢を叶えるべく、
仕事を辞めてセブ島にある”アクトハウス”というIT留学学校でスキルを身につけています。

文句なしの職場環境だった会社を入社3年で辞めた2つの理由とは?

2018.07.15

体験者が書く。IT留学アクトハウスの評判・口コミ5つのポイントまとめ!

2018.07.27
せっかくのセブ島留学、滞在期間も半年。
旅するよりもかなり濃い時間が過ごせる上、爪痕を残すにはもってこいのチャンス!
この機会を利用して何かやりたいなと思ったのがキッカケでした。

さて何をする?思い浮かんだ3つのアイディア。行き着いた先が路上パフォーマンス!

一言で「爪痕を残す」と言っても何をしたらいいのか思いつかず、
まずはセブ島に持ってきた中で何か使えそうなモノがないか確認。

…ミラーレスカメラ。

以上!

…よし、写真」を撮ろう!

フィリピン人は自撮り大好きだから、写真を撮ってあげるのはアリかも。
またフィリピンではFacebook普及率100%という驚きの事実!
実際フィリピン人の友達が増えるにつれ、Facebookのタイムラインで自撮り写真が流れる率が高くなった。

この状況を踏まえて思い付いたのがこんなアイディア。

カメラで写真を撮ってあげる⇨Facebookで友達になる⇨Facebookメッセンジャーを使い、その場で写真を共有する

フィリピン人:カメラで写真撮ってもらえて嬉しい!
私:現地の友達が増えて嬉しい!

win-winじゃない?
これは1つ目のアイディアとしてキープ。


次に思い付いたのが「コスプレ」!
フィリピン人に日本の好きなものを聞くと大体の人からは「アニメ」と返ってくる。

特にNARUTOとワンピースが人気みたい。
そしてコスプレ好きな人も多い。でもコスプレ衣装が高くてなかなか買えないらしい。
この状況を生かして「コスプレ体験を提供」するのはどうだろうか?

衣装はこちらで用意して、普段なかなか出来ないコスプレをその場で体験できる!
フィリピン人なら日本人ほど恥じらうこともなく、楽しんでやってくれそう。
2つ目のアイディア浮上!


最後のアイディアは、
外国人がクールなイメージを抱く「漢字」

以前アクトハウス卒業生のそうまさん(@Soh0806 )が、
「筆文字で名前を漢字で書く」というパフォーマンスを路上でやっていたんです。

日本人らしいパフォーマンスでいいなと思っていたので真似してやってみようかと。
もちろんそうまさんにも相談して、「いいじゃん!」と言ってもらえました。
3つ目のアイディアGET!

さて、どうやってやろうかな。
イベント形式でやるより、路上でパッとやった方がインパクトありそうだな。

よし、「路上パフォーマンス」にしよう!

どれをしようか…
この3つのアイディア組み合わせていけるんじゃない?

路上で、コスプレ体験⇨写真を撮る⇨名前を漢字で書いてプレゼント 

せっかくなら全部やってみたいからこれ全部に決定!

ということで、
「コスプレ×写真×漢字の路上パフォーマンス」をすることにした。

準備のために買い出しへ。想像以上にコスプレ衣装が高かった…。急遽内容を変更することに!

今回この計画に賛同してくれたクラスメイトのばっさー(chosu_tsun)もやりたいと手を上げてくれたので一緒に協力してやることにしました。

パフォーマンスに必要な道具やコスプレ衣装を求め、
アニメグッズが買えるお店があるというSMモールへ買い出しに行ってきた。

SMモールの最上階にある「Comic Alley」というお店で、コスプレ衣装を探します。
狙うは1番人気のNARUTOのコスチューム!

だけど、探してもなくて店員さんに尋ねると、

店員A
今は売り切れてて、早くて来月に入荷予定だよ

マジか…。
ショックを受けていると、

店員A
これならまだあるよ!

と勧められたのがこれ。

イタチ?の衣装でした。(試着してみた笑)

実は私、NARUTOやワンピースをよく知らなくて。
でも同じNARUTOならウケるかな?と思い、これに決めました!
ばっさーはワンピースのチョッパーのかぶり物が気に入ったみたいで即決。

ただ1つ問題が…。

いくつかコスチュームを揃えるつもりだったけど、値段が高い!
イタチの衣装はトータル2000ペソ。チョッパーのかぶり物は500ペソ。
日本円だと合計約5000円の出費。これは破産する!

これ以上は買えないどうしよう。
と考えていると、

ばっさー
自分が着ちゃえばいいんじゃない?目立つし。

ユウカ
え?でもそれじゃ意味なくない?それにコスプレしたことないし。

ばっさー
何でも挑戦だよ!自分を解放するんだ!

ユウカ
ぉ…おう!やってみるか!

ってことで、
コスプレした私たちと写真撮影×漢字の路上パフォーマンス 
に内容を変更して
コスプレはひとまず自分たちがすることにしました。

確かにこれで歩いてたら注目されるだろうし、人が集まってくれるはず!

そして、
NationalBookStoreで漢字を書くための筆ペンと紙を購入。
筆ペンも高かったので、安めの筆ペンに似たタッチのものを何とか見つけ出しました。

道具が揃ったのであとは準備してやるだけ!
準備を整えて来週からやろうと思っていたけど、まだ日が暮れるまで時間がある。

「このまま路上デビューしちゃう?」

早くやってみたい気持ちもあったので、
勢いそのままとりあえず人が多そうなITpark周辺に向かいました。

最初は誰も足を止めてくれなかった。集客の難しさを体感。果たしてパフォーマンス結果はいかに?


ITpark周辺の空き地に場所を決め、
そこに向かうまでの間にも人集めをしよう!ということで、
パフォーマンス内容を書いたボードを掲げつつ、
買ったばかりのコスプレ衣装を着て歩いて向かいました。

最初はかなり恥ずかしかったけど、段々慣れてきて道行く人に手を振ったりして
いつの間にかアピールできるようになっていた。

目的地に到着。

ペンや紙など道具を広げて、カメラも準備したところで呼び込み開始!
集客はばっさーが担当し、私は漢字と写真を担当。

最初はみんな物珍しさに見てくれるものの、足を止めるまでには至らず苦戦しました。

すると、興味を持った子供達が集まりだしてわちゃわちゃし始めました!
その後はちらほら人が集まってくれました。


名前を聞いて漢字で書いてあげると、みんな気に入って喜んでくれた。

特にこちらの警備員は「これタトゥーで掘るよ!」と言ってくれました。

ただパッと漢字が思いつかないのと、フィリピン人の名前に漢字を当てはめるのが難しいかった!
「ん」とかそのままひらがなで書いてしまったり、そもそも名前がめっちゃ長かったり。

書いてあげた漢字名と、コスプレした自分たちと一緒に写真を撮るのも好評でした。

写真大好きフィリピン人は100%撮影してくれるので嬉しかった。

写真撮った後にFacebookで友達になるまでは成功したものの、
撮った写真の共有ができなかった。

理由はそれぞれ自分のスマホでも撮るから。

そりゃそうだよなって思ってしまった。わざわざ共有する必要はないなと。
「写真の共有」これは失敗に終わりました。

今回の路上パフォーマンスで、何より1番大変だと感じたのはやはり集客。
ばっさーのおかげで集まってくれたけど、まだまだ思ったように集めることが出来なかった。

また今回はお試しでゲリラ的にやってみたけど、次やるときはもっと工夫して、
ある程度事前にSNSなどで宣伝してみようかと思います。

”やってみないとわからないことが多い”ってことに気付けただけでも、
挑戦してみた価値はあったかな?自分たちも楽しめたし大満足です。

人生初の路上パフォーマンス結果は、
初めてにしては成功した方だと思います!

また時間があればより工夫を凝らして再チャレンジしようと思います。

スポンサードリンク